つれズレ日記

Webフロントエンドのひよっこエンジニア♀のひとりごと。おいしいものとカメラと邦画とスポーツ観戦が大好き。

【ケアンズ旅行記:フライト編】Jetstar直行便でケアンズへ!

先月、オーストラリア クイーンズランド州ケアンズへ5泊7日で旅行してきました。
旅の記録を少しずつ残していこうとおもいます~

今回は往復のフライトについて。

東京からケアンズへの直行便はなんとJetstarのみ。
国内線含めてLCCは使ったことがなかったのですが、JALだとシドニー経由になってしまい、移動時間が倍近くになるのでもったいない…ということで、初のLCCにチャレンジしました。

もちろん事前調査はぬかりなくw

【搭乗レポート】ジェットスターに乗ってわかった注意点 : たのっちのぶろぐ

出発前にこちらのブログを参考にさせていただきましたmm

往路:JQ026 復路:JQ025

成田空港第3ターミナル

  1. 遠い
    空港までは東京駅八重洲北口から東京シャトルという高速バスを利用したのですが、空港が近づいたときに最初に見えるのが第3ターミナルなのに、降りるのは1番最後。うそーん。
    第3ターミナルは一般車は入れないので、車を空港近くの駐車場に預ける場合は、駐車場からの送迎車は入れず第2ターミナルまでの送迎となり、第3ターミナルまでは自力でどうぞ…になるらしい。
    第2⇔第3は徒歩7,8分です。屋根がずっとあって傘はいりませんが外なので冬は寒いです。空港内のカートはそのまま使えます。
    空港までのバスの話はコチラに。

    【ケアンズ旅行記:空港バス編】東京シャトルで成田空港へ! - つれズレ日記

  2. フードコート
    お寿司にお好み焼きにハンバーガ―にうどんにちゃんぽんに。いろいろありました。よくスーパーにあるフードコートと変わらない感じです。電子マネーも使えちゃう。
    フードコートに無料の充電スポットもあります。
    往復とも機内食なしの航空券でしたが、個人的には機内食が好きではないので、フードコートで好きなもの食べてから乗る方がいいです。特にJetStarの場合機内食のお値段がリアルにわかってしまうのでw、フードコートの方が断然コスパ良いです。
    LCCでなくても機内食の有料化はしてほしいなー。そしたら私いらないw
  3. 免税店
    他のターミナルの免税店の記憶が薄いのでアレですが、やっぱり狭い感じはしました。
    高級ブランドの時計とかバッグとかは置いてなかったような…見落としただけ?
  4. タラップ
    外です。階段おりてのぼります。まじ寒い。

ケアンズ空港

こちらは成田のようにターミナルが違ったりすることもないので、特にLCCを意識する必要はありませんでした。
しいて言えば冷房が寒かったくらいですかねw
この時期、日本は冬、ケアンズは夏なのですが、日本から着て来た冬服でコート脱いだだけの服装でも空港内はちょうどいいくらいでした。ギンギン

荷物

機内持ち込みは1人2つまで。旅行カバンと貴重品のハンドバッグ的なやつと。
大きいバッグの重さは7kgまで。

往路は特に何も…でしたが、復路はチェックインの時に重量検査されました。
(往路も保安検査のときに確認されているとは思いますが)
ただ、復路チェックイン時の重量検査で、私のカバンは3kgほどでしたが連れのカバンが9kgほどあったのに何も言われず…なんで測ったww
もしかして1人7kg=3人で21kg的な!?!?www

機内@エコノミー

  1. 座席の広さ
    往路:窓側 復路:通路側の席でしたが、窓側の席は特にすごく狭く感じました。
    通路側でなければ、隣に人が座ったまま通路へ出るのはまず無理。座ってるのが子供ならがんばれば通れるか?ってくらい。
    男性だと、座ったら前の背もたれに膝が触れそうな感じ。
    リクライニングもあまり大きく倒せません。
  2. 座り心地
    長時間ですし、いいとは言えないですが、どこの航空会社でもエコノミーならこんなもんじゃないかな。
  3. 機内の広さ
    通路幅が狭い。ワゴンを押している客室乗務員とすれ違うのは無理です。
  4. エンターテイメント
    パーソナルディスプレイがついていて映画やテレビを見られるようですが、基本的に有料です。(イヤホンは無料で配布されました)
    事前に申し込みをしていれば何も気にせず使えますが、当日その場で支払う場合は画面の下にクレジットカードリーダーがついていて、そこにカードを通して決済するようです(自分は使ってないw)
    ディスプレイの言語設定は日本語にできますが、コンテンツは外国のものばかりでした。
    テレビドラマ・コメディ・映画・キッズ…みたいなジャンルで、それぞれに最新とか人気の…とかある感じ。
    洋画とか海外ドラマ詳しくないのでほとんどわかりませんが、Tedがありました(それだけw 大体ひとつのジャンルに10本ずつくらい並んでたかなー。
  5. 機内サービス
    機内食・飲み物ともに有料です。(含まれた航空券もある)
    支払いはカードかAUDだったようですが利用してないので確信は…w
    お値段は飛行機価格ですwとは言え多少、という程度。コーヒー/紅茶は200円くらいだったはず。

客室乗務員

機内食なし、飲み物も買わないとなると、絡みがありませんw
ただひとつ気になったのは、離着陸時にリクライニングやシートベルトの確認で巡回に来るんですが、そのときシートベルトがブランケットに隠れていても何も言われなかったこと。
今まで他の会社の飛行機に乗ったときは、必ずベルトがはまっている状態を見せるように言われたと記憶しています。もし洋服などが被さっていたら声をかけられたはず。
(皮肉ですが)安全確認も有料なの?と、ちょっと疑問。

通路側の席で寝ていたら、耳元でワゴンの引き出しを乱暴にガタガタされたのもちょっとなーというところです。
何が「ごゆっくりおくつろぎください」だよーーー(失敬

日本語対応

成田の地上スタッフはもちろん日本人ばかりです。チェックインや搭乗案内は日本語で対応してくれます。
ですが、機内ではほとんど日本語対応できないようでした。復路のみ、機内アナウンスの日本語対応があったので、どこかに1人ぐらい日本人の方が乗務されていたんだと思いますが、どの方かはわかりませんでした。
往路は日本語対応一切なしでした。

運行状況

復路が30分程度遅れましたがアナウンス一切なしでした。
遅れることは仕方ないですが、遅れていることを一言アナウンスしてほしいものです。
(Jetstarに遅延はつきものだと口コミで見たので覚悟の上でしたが、まさかアナウンスなく平然と30分も遅れるとは…衝撃でした)
搭乗し席についてから、離陸まで1時間近くかかりアナウンスなし、しかもその間、有料コンテンツに支払している人も見られないようでした…意味が分からない。

帰りの高速バス予約してなくてよかったー。

乗る前に準備しておくべき

  1. ブランケット(またはその代わりになるもの)
    機内で借りられますが有料です。(これも含まれた航空券がある)
  2. 飲み物
    保安検査を通過できないので搭乗口付近で購入することになりますが、免税店だとむしろ多少安いくらいなので買って乗った方がいいです。
    500ペットボトルのお茶が免税店で140円でした。
    ただ、アルコールは持ちこんだものは飲めないので注意。
  3. 暇つぶし道具
    携帯ゲーム機、音楽プレーヤー、本、雑誌、オフラインで遊べるスマホゲーム…
    有料コンテンツを利用しないなら絶対必要。
  4. ボールペン
    国際線ならいつものアレです。機内で申告書書きますんで。
  5. 寝るなら耳栓や空気枕など。腰痛予防にも。
    機内でもらえる航空会社もありますが、LCCにそんなものありませんので…

ケアンズ便のように「この会社じゃないと直行便がない!」とか、破格バーゲンでなければ、できればもう乗りたくないかな…(´∀`;)